意味をしっかり理解しよう

資金が少ない人に向いている

工夫次第で少ない資金でも、大きな取引ができます。
そのためには、レバレッジを活用してください。
通常のFXは、証券会社に預けている資金内で行うものです。
例えば10万円を預けているなら、10万円までの取引しかできません。
この時に預けている資金を、証拠金と呼んでいます。

レバレッジを使えば、最大で証拠金の25倍までの取引を行えます。
手元の資金が少なくてもたくさんお金をかけて、成功させると一気にまとまった利益が自分のもとに入ります。
先に述べたような理由があり、FXは資金が少ない人でも簡単に始められると人気なのです。
他にも資産を増やすための投資がいくつかありますが、ほとんどは高い初期費用が必要になります。
資金調達が難しいなら、FXを選びましょう。

スプレッドやスワップポイント

スプレッドは、通貨を売買する際に生じる手数料のことです。
円をドルに交換する場合と、ドルを円に交換する場合は、それぞれ異なる交換レートになります。
スプレッドは通貨ペアや証券会社によって変わるので、あまり高くないところを選択しましょう。

スワップポイントは、2つの国の金利差によって得られる利益のことを言います。
ポジションを解消しない限り、毎日一定の利益を得られるという面がメリットです。
しかし高金利通貨の為替レートは、変動が激しいと言われています。
トルコやメキシコなど金利が高い国の通貨を持っていると、急激な価格の変動に対応できないかもしれません。
スワップポイントを上回る損失が出る可能性があり、注意が必要です。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ
△ ページTOPへ